social media policyソーシャルメディアポリシー

  •  京浜急行電鉄株式会社および京急グループ各社(以下、総称して「京急グループ」といいます。)は、ソーシャルメディア公式アカウントの運営および京急グループ従業員のソーシャルメディアへの参加に関し、ソーシャルメディアポリシーを制定し、本ポリシーに定める姿勢・行動・マナーの順守に努めます。なお、本ポリシーは、予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

株式会社葉山マリーナー・ソーシャルメディアポリシー

1. ソーシャルメディアへの参加目的

  •  京急グループは、ソーシャルメディアを通じて、京急グループの情報を発信し、お客さまに信頼され、末永く愛される企業グループになることを目指します。具体的には、以下の3つの目的で、ソーシャルメディアに参加します。
  1. 京急グループが提供するサービス・商品を、より多くのお客さまに知っていただくこと。
  2. お客さまから広くご意見等をうかがうことで、お客さまが真に望むサービス・商品が何かを知ること。
  3. お客さまの満足度、京急グループへの信頼および京急グループのブランド価値を高めること。

2. ソーシャルメディア利用にあたっての自覚と責任

  1. (1)ソーシャルメディアを利用して発信した情報は、即不特定多数の者が閲覧可能となり、かつ容易に転送等が可能であり瞬時に拡散する可能性がある事を十分に理解します。
  2. (2)一人ひとりの情報発信が、認知のほか議論や批判の対象となる等、少なからぬ社会的影響を持つことを十分に認識します。
  3. (3)情報発信にあたっては、京急グループ各社が独自に定めた内部規程を順守します。

3. ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

  1. (1)ご利用されるお客さまの発言に対して傾聴の姿勢を持ちます。
  2. (2)発信する情報の内容や発信の仕方に注意し、お客さまに誤解や不快感を与えないよう心がけます。
  3. (3)真実かつ正確な情報の発信に努めます。
  4. (4)第三者の個人情報、プライバシーを含む内容についての発信は控えます。
  5. (5)一度公開した情報は、完全には削除できないことを理解します。

4. 各種法令順守等

  1. (1)各種法令を順守します。特に、第三者の著作権・商標権・肖像権その他の知的財産権を侵害する行為、および名誉を棄損する行為は行いません。
  2. (2)本ポリシーに基づき個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、適切な安全管理措置を講じるとともに、その継続的な改善に努めます。
  3. (3)本ポリシー以外に、社員のソーシャルメディアの利用に関するガイドラインを設けるとともに、社内教育を実施していきます。

5. お客さまへのご案内とお願い

  1. (1)京急グループのソーシャルメディア公式アカウント、およびそれに付随するサービスを利用する際は、ソーシャルメディア利用規約をご参照ください。
  2. (2)ソーシャルメディアの特性上、発信された情報は、必ずしも京急グループの公式な見解を表しているものではありませんので、あらかじめご了承ください。正式な発表・見解については、京急電鉄および京急グループ各社のウェブサイトおよびプレスリリースなどにおいて公表しております。
  3. (3)いただいたご意見やコメントについて、引用させていただく場合や、京急グループの今後の活動およびマーケティング等に利用させていただく場合がございます。
  4. (4)アカウントによって、対話の仕方(記事の内容、返答可否、方法、対応時間など)は異なります。詳しくは、京急グループ公式アカウント一覧をご参照ください。
  5. (5)発信された情報は、その後変更される場合がありますのでご注意ください。

ソーシャルメディア利用規約

  •  本利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、京浜急行電鉄株式会社および京急グループ各社(以下、総称して「京急」といいます。)が、ソーシャルメディアポリシーに基づき開設し、運営するソーシャルメディア上の公式アカウント(以下、「公式アカウント」といいます。)について、利用登録手続を行ったか否かにかかわらず、公式アカウントのユーザー(以下、「ユーザー」といいます。)すべてに対し適用されます。
利用上の遵守・承諾事項
  •  第1条 ユーザーは、公式アカウントの利用に際して、以下の事項を遵守および承諾するものとします。
  1. ユーザーは、公式アカウントにおける投稿について、ユーザー自身が一切の法的な責任を負うものとし、京急は、公式アカウントにユーザーが投稿したコンテンツに対する一切の責任を負わないこと。
  2. 京急は、公式アカウントの利用に関連して発生したユーザーの損害、またはユーザー間、ユーザーと第三者間に発生した損害について、一切責任を負わないこと。また、京急は公式アカウントにおけるユーザーの行為について、一切の責任を負わないこと。
  3. ユーザーは、公式アカウントから得た情報を自己の判断と責任で利用するものとし、当該情報の利用に関連して発生する損害、責任等については、ユーザー自らが負うものであること。
  4. 公式アカウントにユーザーが投稿したコメント、画像などのコンテンツの著作権、商標権等の権利は、当該投稿をしたユーザー自身に帰属するが、投稿をもって、ユーザーは京急に対して、投稿コンテンツを京急がユーザーに無断かつ無償で、日本国内外で使用(複製・流用・加工等を含む)することに許諾し、京急に対していかなる権利も行使しないことに同意したものとすること。
  5. 京急は、公式アカウントへのすべての投稿、コメント、問い合わせ等に返信するものではないこと。
  6. 公式アカウント自体のサービスやシステム、第三者が提供しているソーシャルメディア上で使用されるアプリケーション等に関する機能や利用方法については、別途専用の窓口を設ける事となるため、京急は回答することができないこと。
  7. ユーザーは、公式アカウントの利用をもって、ユーザーが公開している個人情報に京急がアクセスすることに同意したものとすること。
    ※ユーザーから個人情報を取得した場合、京急が定めるプライバシーポリシーに則って適切に取り扱うものとします。
    プライバシーポリシーはこちら
利用上の禁止事項
  •  第2条 ユーザーは、公式アカウントの利用に際して、以下に該当する、またはそのおそれのある行為(投稿・送信・アップロード等を含む)をしてはならないものとします。
  1. 公式アカウントに無関係な投稿をする行為
  2. 京急が管理していない外部ウェブサイトへの誘導、および各種勧誘等、営利目的で個人の利用を超えて投稿する行為
  3. 京急、すべてのユーザー、および第三者の著作件、肖像権、商標権等の権利を侵害する内容や、誹謗中傷、名誉棄損等にあたる内容を投稿する行為
  4. 他の利用者または第三者に対し、個人情報を含む情報を掲載する等により、プライバシーを侵害する行為
  5. 公序良俗、法律、法令に反する内容や、犯罪・違法行為を構成・誘発する内容、およびわいせつな内容を投稿する行為
  6. 有害なコンピューターウイルスを含むファイル、コンピュータープログラム等のアップロード
  7. 政治活動、選挙活動を目的とした内容や、特定の宗教、組織、団体の布教活動、勧誘にあたる内容を投稿する行為
  8. 京急および第三者になりすます行為、および京急のWEBサイトまたはその一部を複写する行為
  9. 署名や法律上の表示が削除された情報を投稿する行為
  10. 根拠のない噂話や真実でない情報を投稿する行為
  11. その他、京急が公式アカウントにおいて不適切と判断した行為

情報の削除等

  •  第3条 京急は、ユーザーの行動が本規約に反すると判断した場合には、ユーザーへの通知や同意なしに、当該投稿やコメントを削除または編集できるほか、当該行為を行ったユーザーのアクセスをブロックさせていただく可能性があります。

免責事項

  •  第4条 公式アカウントの投稿は京急の公式見解ではなく、当ソーシャル上の内容・コメント・写真・動画などのコンテンツに対して情報の正確性および完全性、有用性を保証するものではありません。 なお、公式な見解については、京急オフィシャルサイト「KEIKYU WEB」上で掲載いたします。

規約の変更

  •  第5条 京急は、利用者の了解を得ることなく、任意に本規約を変更することがあります。この場合、公式アカウントの利用については、最新の規約が適用されるものとします。

WEBサイト利用規約

  •  第6条 公式アカウントの利用に関して本規約に定めのない事項については、ウェブサイトご利用案内が準用されるものとします。

お問い合わせ窓口

  • 第7条 京急の事業・サービスに関する内容や、公式アカウントに関するお問い合わせは、京急ご案内センターにお願いいたします。